うつ病との接し方や様々な種類の違いについて

男女

病気の種類

ウーマン

うつ病には様々な種類があります。この種類の中には大うつ病性障害と呼ばれるものがあり、一般的なうつ病としてイメージされているのがこれに該当します。症状の名前が大うつ病と記述しているので重い症状と捉えてしまってどのような接し方をすればいいか悩みがちですが、これは基本的なうつ病になっているため気にする必要はありません。大うつ病性障害と呼ばれるこのタイプは症状として特徴のあるものが多く挙げられています。その中のひとつとして、抑うつ状態と呼ばれる症状です。抑うつ状態というのは、元気が出ず憂鬱な気分になってしまったり、空っぽになったように何も感じない状態のことを指します。それ以外にも、普段では考えもつかないようなマイナスな発想や自分に対して不快感を覚えるといったものになることがあり、接し方も遠慮がち、もしくは敬遠しがちなものになってしまうでしょう。また別の症状として、興味をなくしたり、喜びの感情が喪失してしまうことも挙げられています。こうした感情の欠如は、何にも興味をもてなくなったり、性的関心が薄れていくことに繋がります。基本的にこれらの症状は朝からお昼頃まで続くことが多いとされており、期間としては2週間前後とされています。また、焦りと思考が停止してしまうことが交互に現れることともあります。焦りと思考の停止は極端な感情になっているので精神的にはかなり負担になるはずです。こうした症状はほとんど毎日現れてしまい、家の中でも同じ場所にじっとすることができずウロウロしていると思えば、急に立ち止まって動かなくなってしまうことがあります。これが焦りと思考の停止の現れになり、周りの人は接し方に困る原因のひとつになるのです。
他にも大うつ病性障害と感情として出てくるのが、通常では考えられないほどマイナスな感情や思考です。主に自分に対して向けられる感情ですが、何もしていないのに罪悪感に囚われたり、もうだめだというように急に悲観的になることがあります。またひどい症状ですと死にたいといった表現までしてしまうことがあります。こうしたことを目の前でされてしまうと身内の人でさえ接し方がわからなくなってしまいどうしようもなくなってしまうのです。こうした状態が大うつ病性障害になりますが、これは心療内科でしっか治療を行えば完治させることができます。いきなりこういった症状がでても焦らずしっかりとした治療を行える心療内科に訪れれば、また元気な姿として戻ってきますので心配せず、まずは診察から始めてみてはどうでしょうか。